バイク事故から見る交通事故の考察

交通事故7

戦後の交通事故の調査以来、過去最低の交通事故件数を記録している日本ですが、事故件数が0になったわけではありません。参考サイト...交通事故 示談 ... アディーレ法律事務所

特にバイク事故は、自動車と違い運転者を保護する物はヘルメットぐらいです。この為バイク事故は即死につながるケースが多いです。

そこで、事故を減らすための努力をしなくてはなりません。その対策は、まず速度出しすぎです。これは、どの国でも同じ問題位がありますが、ほとんどの自動車・バイクの運転者は速度の出しすぎが目立ちます。このくらいなら事故が起きないだろうという慢心から制限速度を守らない人が多くそこから事故につながるケースがあります。

まずは制限速度を絶対守らなくてはなりません。しかし、いくら注意をしても守らない人もいます。特に高齢者や子供の歩行者は動きが遅かったりするので危機対処がどうしても遅れてしまいます。制限速度を守らないとこのような人達を轢いてしまうという痛ましい事故を統計にあります。

そこで1つの対処として歩行者も車の動きに気をつけなければなりません。歩行者も車道の近くで遊んだり曲がり角や大通りに出る所で車をよく見ないで走ったりする人もいます。これは車も気をつけなければいけませんが歩行者にも責任があります。

『弁護士に依頼する』

投稿日: